自動化例

これまでの自動化の例や協働ロボットによるAIシステムの構築など
製造の自動化だけでなく検査などの自動化も行っております

レーザーカッティング自動機

ハサミやカッターなどで切断する作業は身近でよく行う作業ですが労力がかかり長時間の連続作業が難しい作業となっています。

また、切断する材料が少し厚いだけで作業者への負担が意外と大きくなり休憩をこまめに入れながらの作業になるため生産速度が落ちてしまいます。

この作業をロボットとレーザーを組み合わせることで人が行う速度より早く正確に連続して安定に生産することが可能になりました。

ハサミでの切断作業

ワークのカットラインに沿って作業者がハサミで切断していきます。

PETを切断するためハサミにかける力もある程度必要で連続作業は過酷で数をこなすには休憩を挟みながらの作業となります。

また、カットラインが入り組んでいるため細かな部分の切断が必要で処理時間もかかってしまいます。

1個あたりの処理時間:40秒

自動化により加工時間が1/3になり低ランニングコストに

ロボット+レーザーによる切断

カットラインに沿ってロボットがレーザーで切断していきます。

PETの切断にレーザーを使用するため高速に加工が行え切断部はなめらかな仕上がりで後処理も不要です。

複雑なカットラインでもロボットが正確にトレースするため高速な加工においても品質は安定しています。

1個あたりの処理時間:12秒

お問い合わせ

自動化、ロボット化に関するお問い合わせやQuinyへのご相談は以下よりご連絡ください